プロバスケットボール男子のBリーグ(2018~2019シーズン)のバンビシャス奈良は17日、ホームのならでんアリーナで山形ワイヴァンズ(東地区5位)と対戦し、76―66で前日に続き競り勝った。連勝は昨年12月以来で今シーズン2度目。通算13勝28敗とした。

 バンビシャスは第1クオーター(Q)、序盤の有利な展開から競り合いとなり、終了5秒前に山形に3点シュートを決められるなど17―23とリードされた。第2Qは立ち上がりに松本が2連続シュートを決めて波に乗り、リバウンド、ルーズボールを粘って拾うプレーで好機を広げた。中盤から出場した県出身の船山が残り2分31秒で逆転...    
<記事全文を読む>