バスケットボール男子のBリーグ2部は第21節第2日の9日、各地で9試合が行われた。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは天童市の県総合運動公園アリーナでFE名古屋(中地区)と対戦し、延長の末に79―87で敗れた。連勝は2止まり。通算成績は16勝22敗で順位は変わらず5位。

 山形は河野誠司、中島良史、古橋広樹、ジーノ・ポマーレ、チュクゥディエベレ・マドゥアバムが先発した。前半はミスが目立ったものの、第2クオーター(Q)に追い上げ3点差で終えた。後半は第4Q終盤まで一進一退の攻防を繰り広げ、5分間の延長に突入。延長は運動量が落ちたところで次々に失点し、突き放された。 <記事全文を読む>