バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西地区2位の島根スサノオマジックは9日、ホームの松江市総合体育館で第38戦を行い、同地区5位のバンビシャス奈良を77-64で下した。連勝を8に伸ばし、通算28勝10敗。西地区首位の熊本が敗れたため、今季初の首位に浮上した。

  

 前半は接戦となり、1点リードで折り返した。第3クオーターにエチェニケや相馬が得点し、流れを引き寄せた。エチェニケは21得点、16リバウンドの活躍を見せた。

...    
<記事全文を読む>