逆転で勝利を飾った前日の勢いそのまま、レバンガが序盤で滋賀を圧倒した。内海ヘッドコーチ(HC)は「勝利を目指す選手の意気込みが第1クオーターに表れた。ここで二つ勝てたことは今後への好材料だ」と、昨年12月以来の2連勝にうなずいた。

 攻守のリズムがしっかりかみ合った。試合開始直後から主将の多嶋らの粘り強い守備が光り、リバウンドを奪っては確実に得点につなげた。「相手も修正してくるだけにタフな試合になると思っていた。それだけに自分が積極的なプレーをみせ、チームを引っ張るつもりだった」と多嶋。第1クオーターだけで2スチール、4得点と攻守に奮闘し、仲間の闘志に火をつけた。

<...    
<記事全文を読む>