バスケットボール男子のBリーグ2部は第20節最終日の3日、各地で8試合が行われた。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは天童市の県総合運動公園アリーナで福島(同地区)と対戦し、74―57で勝利した。2連勝となり、ホーム2度目の同カード連勝を果たした。通算成績は16勝21敗で、順位は変わらず5位。

 山形は河野誠司、中島良史、佐藤正成(山形南高出)、ウィル・ヘンリー、チュクゥディエベレ・マドゥアバムが先発した。第1クオーター(Q)、精度の高い外角シュートで主導権を握り、前半を33―27で折り返した。第3Qはヘンリーがインサイドで得点を量産し、安定した試合運びで勝利を手に...    
<記事全文を読む>