次戦へ意気込み 「90分出たい」

 札幌に今季新加入したブラジル人MFルーカスフェルナンデス(24)が、23日の湘南との開幕戦でJリーグデビューを果たした。約15分間の短い出場にも、「すごく楽しみにしていたのでうれしかった」。第一歩を刻めたことを喜んだ。(喜代吉健介)

 ピッチに立ったのは0―0の後半31分。右ウイングバックに入り、ボールを持つと得意のドリブルを積極的に仕掛けた。正確なクロスで決定機を演出する場面もあり、「数回、攻撃に絡むことができた」と納得顔。ただ、終盤に2点を奪われて敗戦し、「チームとしては良くなかったので、やっぱり悔しい」と話す。

<...    
<記事全文を読む>