J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良が27日、横浜市内での練習後、Jリーグ現役最年長の52歳で戦う今季の意気込みを語り、「(ブラジルで)18歳でプロになった時からサッカーへの意欲、情熱は何も変わっていない。逆に増している」と力を込めた。

 52歳の誕生日だった26日は天皇、皇后両陛下主催の宮中茶会に出席。皇后さまからサッカー界を長年引っ張ってきた功績をたたえられたといい、「『一度お会いして、お話がしたかったです』と言葉を掛けていただいた。亡くなったが自分のばあちゃん、じいちゃんが聞いたら本当に喜んでくれるんじゃないかな」と感慨深げだった。

 この日は練習後、真っ...    
<記事全文を読む>