サッカーJ1名古屋グランパスの風間八宏監督らが二十六日、名古屋市役所に河村たかし市長を訪れ、今季の健闘を誓った。「燃えよドラゴンズは名古屋の国歌」と公言するほど野球好きで鳴らす市長の口から「最近はサッカーの方が好き」と、意外な発言も飛び出した。

 劇的なJ1残留を果たした昨季最終戦をスタンドで観戦していたという河村市長。報道陣の中に本紙記者の姿を確認すると「中日がいるのであんまり言うと感じ悪いけど」と前置きした上で「サッカーはええですよ、展開が速くて。野球は長く見てると疲れてしまう」と、自身の年齢にも引っかけて笑いを誘った。

 市長は大須商店街に今春開店するクラ...    
<記事全文を読む>