前半23分、FC琉球は中川風希がスライディングでボールを奪い、前線の鈴木孝司へ。鈴木が相手DFと競り合い、倒れ込みながら蹴ったボールは大きな弧を描き、ゆっくりとゴールに吸い込まれた。相手GKは頭上をいくボールを目線で追うのみ。チームJ2初ゴールに、一瞬間を置いた会場はその後、割れんばかりの歓声と拍手に包まれた。

 個々の力、組織力でも琉球を上回り、多くの時間で福岡が主導権を握った。しかし樋口靖洋監督が掲げる「勇気を持って戦う」攻撃的なサッカーが生き、ゴールへの執念で上回った琉球が3―1で勝ち切った。

 新ステージの歴史的な1勝。優れたゴールへの嗅覚から...    
<記事全文を読む>