(第1節、25日・NACK5スタジアム大宮ほか)

 2017年以来のJ1を目指す大宮は開幕戦で甲府と0―0の引き分け、勝ち点1を分け合った。

 前半の立ち上がりから中盤で主導権を握った大宮だったが、前線のファンマを起点とした攻撃は甲府の守備ブロックにからめ捕られた。後半はセットプレーから再三のビッグチャンスを迎えたものの、甲府のGK河田の好守がさえ、ネットを揺らせなかった。

■「決めていれば勝てた」/ファンマ

 後半17分に中村の左CKに頭で合わせたシュートは相手GKに防がれたが、同37分にも再び好機が訪れた。大山のFKに右足を伸ばしたシ...    
<記事全文を読む>