4年ぶりにサッカーJ1に参戦する松本山雅FCがジュビロ磐田との開幕戦に臨んだ23日、試合会場のヤマハスタジアム(静岡県磐田市)には午前中からユニホームに身を包んだ山雅サポーターが続々と集結した。待ちわびた再挑戦の舞台。昨季優勝したJ2の激闘を振り返りつつ「今季はさらに頑張ろう」と胸を高鳴らせていた。

 アウェー席入場口近くでは山雅サポーターたちが通路を埋め尽くした。今季デザインを一新したユニホームを着た人も目立ち、サポーター仲間と再会して「今年もよろしく」と握手を交わしていた。

 北信越リーグ時代から山雅を応援する千葉市の専門学校生小林琢磨さ...    
<記事全文を読む>