サッカー・J1サガン鳥栖は23日午後2時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで名古屋グランパスとの今季初戦に臨む。14位に沈んだ悔しさも胸に挑むJ1参戦8年目のシーズン。スペイン出身のルイス・カレーラス新監督(46)のもと、上位躍進を期す。

 開幕戦を控えた22日、チームは非公開で名古屋戦を想定した仕上げの調整に取り組んだ。練習後、記者会見したカレーラス監督は「とにかく勝ちたい。相手にしっかり対応して勝利をもぎとる」と意気込んだ。

 名古屋は昨季得点王のジョー選手らを擁する難敵だが、指揮官は「いい準備ができている。常に数的優位な状況をつくり、自分たちが試合を支配する」とサ...    
<記事全文を読む>