サッカー大分トリニータが23日、6季ぶりのJ1開幕戦に臨む。J1を経験したクラブとして初めてJ3に降格した2016年から3年で、国内トップリーグに戻った。目標はJ1残留。同年に就任した片野坂知宏監督(47)が作り上げた攻撃サッカーにさらに磨きを掛け、今季もトリニータらしさを貫いていく。

 「J1の舞台でも勇気を持ってチャレンジすることが大事。自分たちのサッカー、攻撃の時間をより多く作れれば勝つチャンスも出てくる」。昨季アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を制した鹿島との開幕戦を前に、片野坂監督は自信をのぞかせた。

 基本フォーメーションは「3-4-2-1」。D...    
<記事全文を読む>