J1は22日開幕し、C大阪―神戸の1試合を行った。県勢は23日に初戦を迎え、昨季8位の清水は敵地のエディオンスタジアム広島で広島と対戦する。
 「トップ5」を目標に掲げる清水は、新しい布陣となる3バックの出来が鍵を握る。鹿児島キャンプ終盤から練習に取り組み、次第に攻守のバランスが取れてきた。新外国人のヴァンデルソンら長身DFとの連係がさらに深まれば、課題とする守備の安定感は増しそうだ。
 攻撃は日本代表FW北川の1トップで臨む構え。2列目に金子と新加入の中村が入り、サイドバックを加えた分厚い攻めが期待できる。しかし、補強の目玉だった右サイドバックのDFエウシーニョは...    
<記事全文を読む>