サッカーJ2は24日に2019年シーズンが開幕し、モンテディオ山形は初戦で岐阜と顔を合わせる。チームの真価が問われる木山隆之(たかし)監督の指揮3年目。1カ月超のキャンプを経た現在の注目選手を挙げ、攻守における飛躍の鍵を探る。(報道部・相原健佑)

 今季に向けた補強のポイントは前線に置かれ、新加入の半数近くが攻撃的なポジションを担う。その状況下であっても、欠かせない軸は山形3年目を迎えるFW阪野豊史だ。リーグ戦と天皇杯全日本選手権を合わせた得点数は、2017年と昨季ともに13ゴール。18年の天皇杯準決勝では2得点を奪い、決定力を示した。木山監督との同一チーム所属は...    
<記事全文を読む>