古巣の再建を託され、わずか3年でJ3からJ1へチームを導いた片野坂知宏監督。初采配となる戦いの舞台に向けた意気込みを語った。
 ―いよいよJ1が開幕する。今の心境は。
 J1、J2、J3どれもやることは変わらない。選手がどんな環境や状況、相手であってもピッチで表現できるかが大事。うまく自分たちの力を発揮できるようにサポートし、送り出せるようにするだけと思っている。
 ―今季の始動からこれまでを振り返って。
 新しい選手がうまくトリニータのサッカーのやり方を理解できるかが大事だった。細かい判断や質は高まった。フィジカル面でも戦える選手が増えた。雰囲...    
<記事全文を読む>