インターネットによる空き駐車場の仲介サービスを展開する「軒先」(東京)は21日、サッカーJ1松本山雅FCの運営会社と連携し、公式戦開催日などに合わせたサービスを始めると発表した。山雅ホームスタジアム「サンプロアルウィン」(松本市)周辺で空き駐車場を確保し、渋滞緩和や違法駐車防止を狙う。
 軒先は、住宅やアパートの空き駐車場、未利用の月決め駐車場などを予約して利用できるサービスを提供。Jリーグの他の6クラブとも提携している。山雅がJ1で戦う今季、来場者数の増加とスタジアムに近い駐車場の需要増加も見込まれるため、100台分の駐車場確保を目指す。
 山雅の運営会社によると...    
<記事全文を読む>