J3参入を目指す日本フットボールリーグ(JFL)のテゲバジャーロ宮崎(宮崎市)は、19日のJリーグ理事会でJ3加盟の前提となる「百年構想クラブ」に認定された。Jリーグ入りへ第一関門は通過したが、J3昇格には、好成績に加え、ホーム戦の運営状況の改善などが求められる。テゲバのJFL開幕戦は、3月17日午後1時からホームの宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場でヴェルスパ大分と対戦する。

 「百年構想クラブ」認定は、将来のJリーグ加盟の条件で、財政基盤やスタジアム規模などが審査される。テゲバが新富町にJ3の基準を満たすため5千人以上の観客席を持つホームスタジアムの整備を進めていることや...    
<記事全文を読む>