サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場を懸けたプレーオフが19日行われ、J1で3位だった昨季王者の鹿島と同2位だった広島が本大会出場を決めた。日本勢は川崎、浦和と4チームがACLに参戦する。

鹿島はカシマスタジアムでニューカッスル(オーストラリア)と対戦し、4-1で快勝した。今季公式戦の初戦を迎えた鹿島は前半18分、ゴールポストの跳ね返りを伊藤が押し込んで先制。同点にされた後の同32分には、安西の右クロスを山本が頭で押し込んだ。後半は22分にセルジーニョがPKを成功し、46分に左クロスに合わせたセルジーニョが加点した。

広島はチェ...    
<記事全文を読む>