サッカーJ2のツエーゲン金沢は十八日、今季開幕を前に金沢市内のホテルで「キックオフパーティー」を開いた。目標とする一桁順位の達成に向け、集まったサポーターや関係者五百五十人に健闘を誓った。

 宮崎県内で一カ月間のキャンプを終えた選手たちは、多くの声援や拍手に迎えられて入場。各テーブルで参加者と写真を撮ったり、サインを書いたりして交流した。

 三年連続で主将を務める広井友信選手(34)は「期待を感じた。サポーターやファンの皆さんがスタジアムに来て良かった、楽しかったと思える試合を一つでも多くやりたい」と決意を表明。柳下正明監督は「充実したキャンプができた。一桁順位...    
<記事全文を読む>