サッカーのアマチュア最高峰リーグ、日本フットボールリーグ(JFL)の3月17日の開幕を前に、リーグ3年目の「ヴィアティン三重」(桑名市)が16日、ファンクラブ会員らを集めて市内で新体制発表会を行った。

 今季トップチームの指揮を執るJ2甲府・前監督の上野展裕氏は目標に、J3昇格の要件の一つとなる4位以内と、2014年以来遠ざかる天皇杯出場を掲げた。

 「仕事をしながら、シャワーのない施設で練習する選手らを勝たせてやりたい」として「目指すのは全員守備全員攻撃。まず積極的にボールを奪うことを中心にやりたい。諦めない姿勢で最後まで戦う」と決意を語った。

 ...    
<記事全文を読む>