Jリーグのシーズン到来を告げる富士ゼロックス・スーパーカップは16日、埼玉スタジアムで行われ、昨季J1で2連覇を果たした川崎が天皇杯全日本選手権覇者の浦和を1-0で破り、初優勝した。賞金は川崎が3000万円、浦和が2000万円。

 川崎は昨季のリーグ最優秀選手の家長や中村らを軸に攻撃を仕掛け、後半7分に2012年ロンドン五輪得点王で新加入のレアンドロダミアンが先制ゴール。そのまま逃げ切った。

 今季のJリーグは22日のC大阪-神戸(ヤンマー)で開幕する。

 前座試合ではU-18(18歳以下)Jリーグ選抜と日本高校選抜が1-1で引き分けた。

<記事全文を読む>