日本サッカー協会(JFA)のプロ審判員で、国内外の試合で主審として活躍する佐藤隆治さん(41)=阿久比町白沢=が昨年12月、Jリーグの年間表彰「2018Jリーグアウォーズ」で最優秀主審賞に輝いた。14日に同町役場を訪ね、竹内啓二町長に受賞を報告。「来年の東京五輪やカタールで開催される次のワールドカップ(W杯)でピッチに立ちたい」と意欲を見せた。

 同賞は、J1の全十八チームの監督や選手による投票や主審への評価などに基づいて決まる。佐藤さんは「去年はちょうどプロ十年目。当時クラブワールドカップ(W杯)が開かれていたアブダビで受賞連絡を受けた」と振り返る。

 小学五...    
<記事全文を読む>