仙台がホームで迎える開幕戦で雪辱を期す。対戦する浦和には昨季の天皇杯決勝で敗れ、念願の初タイトルを逃した。日本代表のGKシュミットは「あの敗戦でタイトルへの欲が深まった。リベンジを果たす」と静かに闘志を燃やす。
 守護神の責務を果たし切れなかった。浦和・宇賀神のミドルシュート一発で敗れた決勝は「一生忘れない」と振り返る。「はじいていれば0-0だった。シュートを止めるのが僕の仕事。今後も代表に呼ばれるため、目に見える形でチームに貢献する」と誓う。
 仙台は4年連続で開幕戦を白星発進している。「途切れさせない」ときっぱり。渡辺監督も「開幕だけでなく、より多くの勝利をサポ...    
<記事全文を読む>