三重県四日市市が拠点のサッカーチーム「TSV1973四日市」(渡邊俊介代表)が14日、四日市市諏訪町の市総合会館で会見し、将来のJリーグ入りを視野に、2019年度からチームのプロ化に着手すると発表した。

トップチームは現在J1リーグから見て7部に相当する県社会人リーグ1部所属。今後、チームの法人化とスポンサー獲得で地域に根ざしたプロチームとして活動し、2023年のJFL(日本フットボールリーグ)昇格、Jリーグの参加条件の1つとなるスタジアム建設など目指していく。

アスリートやスポーツ文化人のマネジメント業務など行う「ライツ」(本社・東京)とも連携。選手のキャリアサ...    
<記事全文を読む>