サッカーJ1松本山雅は3次キャンプ第3日の12日、鹿児島市で約2時間練習した。攻撃側に焦点を当てたセットプレーの練習に時間を割き、CKやFKからゴールを狙う形を繰り返した。
 ゴール前の攻守を入れ替えながら、両サイドからCKやFKを入れ、マークを外してボールに合わせる狙いを確認した。キッカーは、右足が岩上とセルジーニョ、宮阪の3人、左足では高橋が務めた。事前に細かな擦り合わせをしていないため、「まだお互いの良さを出せなかった」と岩上。反町監督は「現時点では味方がどういうボールを蹴り、どうタイミングを合わせるか分かることが大事」と話していた。
 11日は午後3時半から...    
<記事全文を読む>