札幌の沖縄キャンプは10日、沖縄県金武町陸上競技場で午前と午後の2部練習を行った。午前は4対4の攻守に時間を割き、味方のパス交換の間にスペースへ飛び出すプレーを意識づけた。午後は前線の連係とサイドからシュートまで持ち込む攻撃を確認した。

 11日は同競技場でJ2のFC琉球と練習試合を行う。

...    
<記事全文を読む>