J2アビスパ福岡は9日、宮崎県日南市でJ2横浜FCと練習試合(45分×2本)を行い、0-2で敗れた。トップ下を中心に前線で攻守に動いた石津大介(29)は課題点を挙げながらも、得点のチャンスシーンをつくるなど攻撃の起点として機能。収穫も口にした。チームはこの日で19日間の宮崎キャンプを打ち上げた。ファビオ・ペッキア監督は仕上がり具合にうなずきながら、開幕に向けて気を引き締めた。

■2桁得点宣言

 ペッキア流サッカーが随所で見え始めた。昨季J2で3位だった横浜FC相手に無得点ながら、重点を置くカウンターで仕掛け、ボールを長く保持する戦術が体現されてきた。...    
<記事全文を読む>