北海道コンサドーレ札幌は東京Vとの練習試合明けで午前中はプール、午後はリカバリーでコンディションを調整した。沖縄2次キャンプでは、Jクラブとの練習試合を2試合こなしたが、最初の1本目のメンバーは固定されていた。今季仙台から加入したMF中野嘉大(25)は、東京V戦の2本目から左ウイングバック(WB)で出場。開幕までの残り実戦2試合で、スタメン奪取を目指す。

 中野がスタメン獲りへ静かに闘志を燃やした。「去年4位になったので、ある程度計算できる選手を使っていると思う。そこは自分も試合でつかみ取っていくしかない」<道新スポーツ2月10日掲載>

...    
<記事全文を読む>