サッカーJ2の大宮アルディージャは2月7日、福井県立丸岡高校出身で、横浜Fと大宮で通算15年間プレーした奥野誠一郎育成部コーチ(44)が関東リーグ2部のヴェルフェたかはら那須(栃木)の監督に就任すると発表した。

 奥野氏は福井県初のJリーガー。1993年に丸岡高から横浜Fに入団しDFとしてプレー。98年に当時JFLの大宮に移籍しJ1昇格に貢献した。Jリーグでは通算290試合に出場した。2007年の引退後は大宮U―12やユース、トップチームなどで選手指導。昨年は育成部ヘッドオブコーチを務めていた。

 奥野氏は大宮を通じて「クラブの変革を微力ながらもお手伝いできたら...    
<記事全文を読む>