サッカーJ2・横浜FCの巡回指導が15日まで、三浦市内の全小学校で順次、行われる。8日は市立の旭小と南下浦小で開かれ、子どもたちはスタッフからドリブルの上達方法などを学んだ。

 旭小では5、6年生計約40人が参加。FCスタッフの北澤君則さん(35)と佐藤貴雄さん(23)がコーチを務めた。

 2人は、ドリブルで意識する点として「ボールをたくさん足で触ること」「ボールと自分のスピードが一緒になること」と説明。トラップする際は、ボールを上から踏まずに足に当てて止めることを紹介した。

 ミニゲームも行われ、子どもたちは元気いっぱいに校庭を走り回った。6年の河...    
<記事全文を読む>