九州7県でサッカー・Jリーグクラブが唯一ない宮崎県でJ3参入を目指す日本フットボールリーグ(JFL)のテゲバジャーロ宮崎は6日、J3加盟の前提となる「百年構想クラブ」認定へ向けた審査ヒアリングを宮崎市役所などで受けた。ヒアリングではJリーグ側から観客動員などクリアすべき高いハードルが指摘された。認定の可否は19日のJリーグ理事会で決まる。

 「百年構想クラブ」認定はJリーグ準加盟に相当し、将来のJリーグ加盟の条件。財政基盤やスタジアム要件などが審査される。テゲバは昨年11月末に申請し、12月には1度Jリーグの現地視察を受けている。

 ヒアリングでは、Jリーグの木...    
<記事全文を読む>