サッカーJ2・モンテディオ山形を運営する株式会社モンテディオ山形が、2019年シーズンからチケットの価格変動制を導入することが7日、分かった。山形としては初めての取り組み。来場者のニーズに対応し、新規のファン獲得への働きかけを強くする狙いがある。

 昨季までのホーム戦は一定価格としていたが、今季から「フレックスプライス」として座席の種類に応じ、3パターンの価格帯を設ける。平日開催の試合などは一番安いランクに設定。イベントを多数開催する試合などでは一番高いランクとし、充実したサービスを提供するという。価格幅は1500円前後になる見込み。年間を通じたシーズンシート会員の仕組みに...    
<記事全文を読む>