サッカーJ1松本山雅は5日、静岡市で2次キャンプを始めた。4日間の日程で攻撃面の強化に着手。23日の開幕戦に向けたチームづくりが本格化することに加え、35選手によるポジション争いも激しくなっていく。

 千葉県での12日間の1次キャンプを終え、チームは2日間の休養日を設けた。この日は午前中に松本市をバスで出発し、約3時間をかけて清水ナショナルトレーニングセンターに到着。午後2時半から約2時間半の練習に臨んだ。

 戦術練習は、長さを3分の2程度に短くしたピッチで14人対14人の形をつくり、後方からの攻撃の組み立てを繰り返した。6日は中盤より前の攻撃に取り組み、7日は...    
<記事全文を読む>