J1磐田の元日本代表FW大久保が、FW小川航の2020年東京五輪出場を後押しする。大久保は鴨池補助競技場で行ったフォーメーション練習で、コンビを組んだ21歳の若武者に細かいアドバイスを送り続けた。
 小川航はプロ3年間でリーグ戦では1得点だけ。大久保は「自分から動きだし、考えながらやっていかないと、いつまでたっても点は取れない」と厳しい言葉を並べたが、「(小川航を)成長させ、東京五輪で活躍するため協力するのは自分の義務」とも話した。
 04年アテネ五輪での活躍をきっかけに、サッカー人生が変化した大久保。欧州移籍や日本代表として2度のワールドカップ(W杯)出場、J1で...    
<記事全文を読む>