サッカーJ3ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の本拠地としての活用を想定した新スタジアムの整備構想策定協議会(会長=相場哲也・秋田商工会議所専務理事)は4日、秋田市の県商工会館で最終会合を開き、建設主体を「基本的には行政、とりわけ県と秋田市が中心となって進めるべき」などとする報告書案を示した。出席者から案の内容に異論は出なかった。

 細かな文言などの修正を行った後、県とBB秋田のホームタウン4市(秋田、由利本荘、にかほ、男鹿)に近く提出される。同協議会に決定権はなく、報告書提出をもって役割を終える。相場会長は「県と秋田市には協議会の議論を踏まえて前に進めてもらいたい」と述べた。...    
<記事全文を読む>