ゴールキーパーを対象にした日本サッカー協会(JFA)のナショナルキャンプに、徳島市立高2年の中川真(17)が選ばれた。9日から3日間、堺市のJ-GREEN堺で行われる強化練習に参加する。

 188センチの長身GKで広いセーブエリアとシュートストップに強みを持つ。今冬の全国高校選手権は準優勝の流通経大柏(千葉)に惜敗したが、的確なポジショニングで再三のピンチを防いだ。

 キャンプはクラブチームも対象にU-18(18歳以下)とU-15世代の各10人ずつが選抜された。20人中、高校チーム所属は中川を含め3人。中川は「クラブや代表歴のある選手と一緒に練習する機会はあまり...    
<記事全文を読む>