日本サッカー協会(JFA)による「夢の教室」が1月31日、田辺市芳養松原2丁目の芳養小学校であり、元女子サッカー日本代表の川上直子さんが訪れた。川上さんは、芳養小5年生40人と大坊小の5、6年生6人に夢を追い続けることの大切さを語った。

 アシスタントとして元女子サッカー日本代表の小林弥生さんも参加し、体育館で体を動かすゲームをした。言われた数字の人数で手をつなぎ、鬼に捕まらないよう全員がゴールするゲームでは、川上さんと児童が「作戦会議」を開いて攻略法を考えた。見事にクリアすると皆で喜んだ。

 教室では川上さんの講演があった。川上さんは兵庫県...    
<記事全文を読む>