アラブ首長国連邦で開催されているサッカーのアジア・カップで1日、日本代表が2大会ぶり5度目の優勝を懸けてカタール代表との決勝に臨む。先発出場が濃厚なMF堂安律選手(20)=兵庫県尼崎市出身、オランダ・フローニンゲン=は準々決勝のベトナム代表戦で決勝点となるPKを決めるなど、若手のホープとして日本の勝ち上がりに貢献。地元の同級生らの応援熱も高まり、現地で決勝を観戦する堂安選手の家族にメッセージ入りの国旗を託した。

 「尼崎のヒーロー頑張れ」「律のゴールで日本を優勝させてくれ」

 30日夜、尼崎市杭瀬本町の商店街にあるカフェ「ハイジ」に続々と同級生らが集まった。堂安...    
<記事全文を読む>