J1横浜Mで昨季プロデビューし、若返りを図るクラブの新たなスター候補として注目されるU-20(20歳以下)日本代表候補のMF山田康太選手(19)も、この大会から大きく飛躍した一人だ。休みなくボールを蹴り続けたという少年時代を振り返り、後輩たちにエールを送った。

 小学6年生の頃は、一緒にトップチームに昇格した(堀)研太=現J3秋田=が中心のチーム。困ったらあいつにボールを渡せば何とかしてくれるという感じでした。僕は中央(のMF)をやっていたけれど、小柄で頼りなかったので、苦しい場面では研太とポジションを代えられたのを覚えています。

 当時は練...    
<記事全文を読む>