【北広島】北広島市で2023年3月の開業を予定するプロ野球北海道日本ハムの新球場を核とするボールパーク(BP)の交通アクセスについて、市、球団、BP準備会社、JR北海道の4者のトップが27日午前、市役所で会談した。球場の観客のうちJR利用は全体の4割と想定され、4者は開業までに北広島駅の大規模改修を行うことを確認。新駅整備については設置に向けて協議を進めるとした。

 会談は市が呼びかけ、上野正三市長、北海道日本ハムの竹田憲宗社長、BP準備会社「北海道ボールパーク」の福田要社長、JR北海道の島田修社長が出席した。4者の会談は初めて。

 市や球団側はBPに隣接する新...    
<記事全文を読む>