◆練習試合「球春みやざきベースボールゲームズ」西武-韓国・斗山(26日・宮崎サンマリン)

 西武のドラフト1位の松本航投手(22)=日体大=が、対外試合デビュー戦で圧巻の奪三振ショーを繰り広げた。3回を投げ、被安打2の1失点で6三振を奪った。当初は28日のオリックス戦(SOKKEN)で対外試合初登板が予定されていたが、前倒しの緊急デビュー。天候面などが考慮されたとみられる。多和田、今井の後を受け、7回から3番手として登板した。

 7回は先頭を空振り三振に仕留めると、次打者に右前打を許したが、そこから2者連続奪三振。8回も先頭に四球を与えたが、続く打者を空振り三振...    
<記事全文を読む>