広島東洋カープはシーズン入場券の不正転売に対する新たな防止策を取る。3月1日のマツダスタジアムでの窓口販売で、全ての購入者に名前と連絡先の記入を求める。さらに大量購入者は不正転売しない旨の誓約書へのサインを必須とする。いずれも初の試み。

...    
<記事全文を読む>