◆練習試合 西武2-3ロッテ(24日=高知・春野)

 先発の高木勇が自身の対外試合初戦でいきなりずっこけた。初回先頭の岡に“2019年初球”を左翼席へ運ばれ「あれで自分がやるべきことを見失った」という。そこから右前打、右前打、四球で無死満塁とされると、2者連続での押し出し四球を許しアウトを一つも取れないまま3失点。「ストライクを入れるのが、何というのか…怖くなった感じ。もったいない初回です」とうなだれた右腕に、辻監督も「攻めていくというのが感じられなかった。投げっぷりが悪い」とおかんむりだった。

...    
<記事全文を読む>