リーグ屈指の超重量打線が昨季の最多勝投手・大瀬良を攻略した。

 初回に2番宮崎、ソトが連打。主砲筒香も一、二塁間を破る適時打で続き、オープン戦初安打初打点をマーク。「体もすごく順調だし、日に日にボールの感じ方も良くなっている」。5番ロペスが投手強襲安打で続き、主力4人で2点をもぎ取った。

 筒香は三回2死一塁の第2打席でも、右中間に痛烈な打球を飛ばすタイムリー二塁打。「初回から点を取れたら相手はプレッシャーになる。ああいう攻撃ができれば理想的」とうなずいた。

 ラミレス監督は「フォームを変えて安定している。準備もしっかり...    
<記事全文を読む>