大リーグ、エンゼルスから東北楽天に新加入したブラッシュがパワーを見せつけた。二回、球界のエース菅野が投じた151キロの直球を中越えのソロに。平石監督は「甘い球をしっかり仕留めてくれた。いい内容だった」と喜んだ。
 この回、先頭で打席に入り意識したのは「ベース上に来た球を振ること」だけ。初球の外角高めのスライダーには手を出さず、2球目の外角高めの直球はファウルにすると、次の真ん中の直球をしっかり捉え、「いい形で打てた」と笑顔を見せた。
 三回1死の第2打席は、2番手の野上との対戦。1ボール2ストライクから107キロのカーブにうまく反応して左前に運んだ。「どのようなカウ...    
<記事全文を読む>