「球界の宝物になっていくような選手」。最大級の賛辞を送ったのは前侍ジャパン監督の小久保裕紀氏。連日訪れる数々の球界レジェンドたちは、主に打撃練習をみて将来性に期待を寄せるが、小久保氏は違った。ソフトバンクの遊撃手でゴールデングラブ賞を5度獲得している今宮を引き合いに「今宮よりうまい。ここまでやるとは」と、ノックを見て根尾をたたえた。

 けがが完治していない影響で打球はほぼ正面だけだったが、日本代表を率いた小久保氏の目には「グラブさばきが本当に柔らかい」と映ったようだ。また、本格的に遊撃を始めたのは高校2年の秋からだが、「日が浅いとは思えないほどの動きだった。これからプロの打...    
<記事全文を読む>