沖縄県金武町での2次キャンプを打ち上げた東北楽天の平石監督が収穫や課題を振り返り、23日からのオープン戦に向けた意気込みを語った。

 -5試合の実戦があった。収穫は。
 「まだ分からない。課題がいっぱい出ているし、物足りない姿も見える。これからオープン戦に入るが、特に若い選手はもっと必死にしがみつかないと、このままでは厳しい」

 -何が足りないのか。
 「投手陣も野手陣も主力組は順調だが、1軍の枠を争うメンバーが物足りない。野手陣だと『この打席で仕留める』という必死な姿をもう少し出してもらいたい。それは投手陣にも言える」<...    
<記事全文を読む>