実戦初登場の浅村が早くも存在感を示した。四回に日本ハムの2番手中村の初球、カーブを右翼線へ運び二塁打に。「結果が出てホッとしている」と言い、狙っていなかった球にうまく反応でき「体の芯を崩すことなく振れた」。平石監督も「待っていない球でも長打にするのはさすがだ」とうなった。
 初安打には伏線があった。一回の初打席で先発斎藤の前に3球三振に終わったが、最後のスライダーに対して思い切りバットを振り「自分のスイングができた」と納得顔。この日は2打席で交代したとはいえ、「初めてにしては直球、カーブ、スライダーなどにタイミングを合わせられた」と自信を深めた様子だった。
 移籍加...    
<記事全文を読む>