新戦力の目玉の2人、辰己とブラッシュが待望の初アーチで競演した。激しさが増す一方の島内、田中に続く外野定位置争いを平石監督は「競争でチームが強くなる」と歓迎した。
 辰己は対外試合初安打が本塁打となった。二回無死二塁、有吉が外角高めに投じた2球目の直球をフルスイング。打った球は大きな放物線を描いて左翼席へ着弾した。「練習で左方向への強い打球を意識した成果が出せた」と納得の表情。16日のロッテ戦でドラフト6位の渡辺佳(明大)が一足早く初アーチを放ったことにも「負けていられない」と奮起した。
 「(対外試合)3試合目になったけれど、(本塁打が)一本出てよかったよ」。主砲...    
<記事全文を読む>